武部幹事長のオオボケ発言

0
    お得意のおおぼけがまたしても炸裂 「悪者探しに終始すると、マンション業界はつぶれますよ、ばたばたと。不動産業界もまいってきますよ。景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です。」 あれまたしても焦点ぞれてませんか?キチンとしたものを立てないから信用がなくなり、これに政治家がたかりに入るから業界を買い手が信用できなくなるので売れなくなるから景気が悪くなるという事なのではないのかい?なんだか相当貰っているのですか、この方は? ついでにこの調子乗りすぎのタコは次のようなことも言ったようだ。 ポスト小泉について 「竹中平蔵総務相も有力だ。」 意見をいうのは勝手でしょう。だが次の発言は笑った。 他の有力とされる候補に関してだ 「表向きは最有力候補だが、   プロデューサーの幹事長からみれば もっと頑張ってもらわなければならない。」 この人(武部)みたいな人は大事なポストにつけてはいけないです。完全に勘違いしている。何様のつもりだ。「バーーーーーーーカ!」

    WRCリチャーズ・バーンズ死去34歳

    0
      リチャーズ・バーンズが亡くなった。34歳 2001年スバルでWRCチャンピオン。プジョー移籍後不振続くが2004年スバル復帰決定後、脳腫瘍が発見され引退。今年彼がWRCの会場に現れたときは車椅子に乗り別人のようになってしまっていた。彼のWRCのスバルの車はタミヤからプラモとしても発表去れていたりもする。確かにいつかこの日がという感じはしていたが何だかあっというまに逝ってしまった。大きな衝撃・・・・・・・本当にショックだ
      • 2005.11.27 Sunday
      • F1
      • 06:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by

      木村建設の時間稼ぎ

      0
        破産申し立てという状況を利用して一切の資料を出さずに沈黙していた木村建設。まったく資料提出がなく完成後の実際の強度計算ができないそうだ。当初の設計段階のものから施工後で途中の仕様変更等で内容が異なるケースがあるため、工事の関係資料が出なければ自治体が訴訟を木村建設相手に起こしても敗訴する可能性が高いそうだ。また敢えてこの時期に全員を解雇できているという不可思議さがある。こんなに簡単に会社を潰せるのか?特に従業員関係がこんなに簡単に片付くのは不思議だ。よほど法務的な部分だけがしっかり対応できるという状況なのだろう。普通会社の倒産=従業員の不安といった形のものがあろうかと思うが今回そういったことも全く表に出てこない。結局法的な部分が抜け道だらけでしっかりしていないということがこのようなばかげた騒動の火種になっているのだろう。通常、このような会社の場合、図面は工事別にしっかり台帳があるのが普通のような気がする・・・・そうしなければ原価計算もできないだろう。27日に全て対応するということだが大丈夫なのだろうか?なにしろお金以前に人の命に関わるのだ。結局このような状況が出来上がっているということは=国は国民を守る意識が極めて希薄であるという事なのだろう。どれだけ建設業界と役所、議員は癒着しているのであろうか?全体を調べたらリクルート事件の比ではない大疑獄になりそうな雰囲気がある。

        最初の犠牲者が出てしまった。

        0
          構造設計偽造事件での最初の犠牲者が出てしまった。家族にしてみれば「姉歯に殺された」という感じなのだろう。首謀者達は逃げ回り被害者や巻き込まれた人が追い詰められていく。このような状況でも東京都は東京オリンピック開催などとたわけた事を言うのであろうか?都知事とお友達の某超一流ゼネコンが儲かるためにはなんでもやるさということなのだろうか?とにかく行政の怠慢の凄さも表に出てきている。行政のチェックミスは担当者及び責任者の解雇及び損害賠償。そして重要なのは完全なる情報の公開だ。徹底的にやらなければいけない。

          「ヒューザー破産」地下鉄のkioskの夕刊紙の見出し

          0
            と出ていたのですが、現在テレビ等ないところにいるので詳細は不明、真偽も不明。東スポではないから、その下に小さく「か?」とも書いていなかった。買えばよかったかなと思いながらもなんだかあの社長の顔が浮かぶとむかつくからやめた。 ちなみにその横には(多分東スポ)「ヒューザー社長歌手だった」の文字が・・・・・・・・・ そのうちワイドショーネタになるのでしょうか? それとも小さく「か?」がついているのでしょうか?しかし逃げ足は間違いなく早そうだ。(笑)

            やっぱり政治家が出てきた

            0
              ヒューザーの社長を国土交通省の幹部に引き合わせていた大馬鹿政治家の存在が明らかになった。 伊藤元国土交通省長官だ。 この人のプロフィールにはこのようなことが載っている。 公団住宅を守る議員連盟会長 自由民主党住宅土地調査会会長 凄い!!!! 自分の持つ力を充分に犯罪者としかいいようがない人間のために使ったと思われても仕方がない。 町田市と多摩市を地盤にしている立派な方(大爆笑)です。 住宅と土地を調査していかに自分に貢献している人を助けるのがお仕事の模様です。 次、落としてください。ちなみに法政大学OB。 この人に投票する=でたらめな建設業界を助長するということです。 こいつも改革派の模様。何が改革派だ。完全に守旧派じゃないか。 「う そ つ き」 子供におこられるよ

              隠れた差別、住民税率統一

              0
                住民税の率を10%に統一することになりそうだ。 現在は5,10,13%の三段階に分かれている。 要するに本来10%未満の層(おそらくこの分類の人はかなり多いと思う)から一気にとるということなのだ。また現在国民健康保険は住民税を基本にして計算をしている。住民税を上げるということは健康保険もあがるということだ。要するに地方の財政危機を国民負担のみで乗り切り、その上というよりも健康保険の財政を国民負担のみで解消するということがこのことの真意なのでしょう。限りなき大増税、政府は努力する意思はないようだ。財務省は遊休地等の売却に抵抗を始めているみたいだ。要するにこれに係る人員を減らす必要がでるからだ。国民からすれば一挙両得は役人にとっては大損ということなのですね。もう別の政府を持つときが近づいているのかもしれない。今の政府では日本はいずれ破綻する。正直もう勘弁して欲しいというのが本音だ。世の中偉くなればなるほど「自分さえ良ければよい」という人だらけのようだ。一体なにが改革なのだろう?改革とは国民に負担を押し付け本当の問題は手付かずで利権をもっと隠れてむさぼるという事なのかもしれませんね。自民党は絶対なにもやりはしない。これは歴史が証明している。利権を持つ人間の代表の集合体、これが自民党の本質だからだ。付和雷同型「小泉チルドレン」はこれから単なるイエスマンになって世の中を目茶苦茶にしそうだ。結局高所得者はより税は安く、中堅、そして低所得者層はより税を負担、何が改革だ!ふざけるのもいい加減にして欲しい。あきれてものが言えない。

                偽造指示疑惑はヒューザー、シノケン、サン中央ホームだった

                0
                  聴聞会であげられた会社はヒューザー、シノケン、サン中央ホームであったようだ。木村建設ははいっていいないようだ。しかし現在これは水掛論になっているようだ。どちらが正しいのかなんてことよりもどうするのだということが重要だろう。イーホームズは実質、検査手抜きをみとめているような状況らしい。「建築士がそんなことをするわけがない」これだったら私が検査してもよいわけだ(笑)ところで賠償も重要だがこの人たちは塀の中にははいらないのだろうか?とんでもない犯罪を行っているようなものだと思うのだが・・・・・変だ。

                  偽造指示した会社が明らかになった(構造偽造問題)

                  0
                    というわけで設計士が証言しているのはメディアの取材によって木村建設とヒューザーであったことがわかった。結局バブル崩壊の後始末がキチンとできていなかったことが今回の問題を引き起こしているのではないかと思えるようになってきた。具体的には調べようがないが、今回の発言等を見ていくとおそらく間違いないだろう。資金繰りが相当に悪かった企業と設計士が偶然利害一致してこのことがおこった。ただこれだけだと今回のことは実際には出来ない。これにいい加減な検査機関(というか素通りに近い)イーホームズという存在があり今回のことが起こったということだろう。ヒューザーは木村建設を師匠をあがめているらしい。この木村建設の昨日の会見をみていると全く責任感がない態度に終始している(こいつは松田聖子か?泣きまねとは笑わせるぜ)ただ今回銀行の行動にかなり不審な点があり相当な金融的な部分でのプレッシャーがあったのであろう事は想像に難くない。まあ要するに収益を上げるために経費や原価を抑えろという圧力がどこかしらからあった、もしくはもともとそのような人だったということだったのか(両方のような気もしないではないが)どちらにしろ建物を購入するときは相手の財務状況まで調査が必要ということだな。 しかし住宅性能保障保険(これで正しいのかな)に入っていなかったという話は本当なのだろうか?だとするとヒューザーは単なる詐欺会社ということなのだろう。伝説の昔の不動産屋さんですね。こんな会社に公的資金など入れず、財産すべて没収して足りない部分をどのようにして責任をとるのかという議論をしたほうが早いのではないか?しかし建設業界はこれで完全に信用をなくすのではないのだろうか?信用を取り戻すには徹底した情報開示をしていくしかないのだがそんな勇気はきっとこの業界にはないだろうし政治家がそれを許さないだろう。さあて建設業界が得意な政治家の皆様この業界から一体いくらもらっているのでしょうか?政治の貧困が生み出した部分が大きいのではないのかいこの事件。

                    木村建設破産申し立て

                    0
                      とうとう逃亡第1号が登場した。逃げ足がとっても速い熊本ファミリー銀行に当座と債務を相殺されて持ちこたえられずかつ今後世間から相手にされなくなることから逃げるそうです。徹底的に追いかけるべきだ。さあて個人資産にどれだけ化けているのか?考えられる法的手段を用い絶対に追い詰めるべきだ。被害者にまったく対応せず逃げる、正直申しあげてこのようなことがあった以上地方の建設会社全て信用できないといった感じになるのではないだろうか?被害は今だけではなく将来にも響く。熊本の会社は取引銀行を開示してもらわなければ付き合えない熊本ファミリー銀行がメインバンクの企業はいつ倒産するかわからないということを証明したからだ。自分さえよければそれでいい木村建設幹部と熊本ファミリー銀行、絶対に許してはいけない。本当に彼らに問いたい「生きていてはずかしくないのかい?」


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 天気は最高だぜ!!思わず3方向!
                        管理人・・下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        浦崎

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM