消費税

0
    結局今まで仕事になってしまった。 晩御飯はまだです。 きりがいいところでかえろう。 しかしそろそろ課税事業者になるかならないかの免税点が1000万円になったことの影響が出る頃だ。 実際に払う段階になってわかる姑息な税制改正。 何故、直接税が取れる国で間接税を導入するのかを皆さん考えてみてください。 と、いいながら解答と思われる考えをひとつ。 要するに完全に今の政府の実権を握っている人たちの地位の恒久化を狙ってのことです。 消費税増税の前に法人税の減税と所得税のお金持ち層に対する大減税が行われています。 法人税の減税は根拠のあるもので国際競争力を考えたことと 外資の日本への投資を呼び込もうとするもので意義があるものでした。 一方お金持ちに対する所得税減税については理由がばかげており、 「税金高いと国外にいってしまうから」というのが理由だとのたまっておる政治家がいます。 別にいいじゃない出て行けば、「帰ってこなくていいよ」と言い切れない駄目さがここにはある。 まあ問題は税金を散々無駄遣いし国内の安全というものをないがしろにしてきたツケが回ってきているだけなのだということを無視している。 生活が安全に守られ、税金もキチンと使われ無駄がなくその税金の使い方や 外交によって日本人が尊敬されるようにすることが第一順位であると思うが それをせずに出て行ってしまうという理屈はへんだ。 問題はこんな国に住みたくないと思われていることだ。 自分の国の言葉でのんきに暮らせるのに出て行く。 かくれた棄民政策の犠牲になっているような感じもする。 ちなみにヨーロッパ等で間接税が発達しているのは民族や家の争いが近代まで続いており そのため納税に対し民族の違いがある場合当然拒否反応がでること(セルビアをみればわかる) また陸続きであるが為居住国を簡単に変えられるため根本的に直接税がなりたたない ということが背景にある。日本の陸続きは日本だからあまり関係ないだろう。 大体全員が外国語しゃべれないのだから無茶な理屈だと思う。 さあこんな政府いつまで信じようか? おいおい金がないなら賞与返上しろ! あー疲れた

    お月様とライコネン

    0
      本日東京都心はほぼ満月状態のお月様に照らされている。 かなりの高台にある建物に住んでいる私の家は月明かりに照らされ なんだかいい感じだ。お月様と一等星が並んで光り続けている。 空が綺麗になってきたのだろうか?明るい空だ。 連休や年末年始、お盆の頃の綺麗さがある。 そうか風が強かったのと軽く雨が降ったからだな。 ライコネンは速かった。今年のチャンピオンは彼だな。 レースは素人レーサーが潰しそうになりそうなところを 本物の名ドライバー達が盛り上げた。 彼らにはコンクリートウォールもガードレールも関係ないような感じだ。 今のインディでやったはじめてのレースの時の第1コーナーも凄かったが 今日のコース上の争いも凄かった。彼らのあの並外れた凄さはどこから来るのだろう。 普段の隠れた努力が表にでる瞬間はどの世界でもいつの時でも凄くカッコイイ。 ああこれが「プロフェッショナル」と言う事なのだろう。

      もう少しだ

      0
        今日の仕事はもう少しで終わる 来週の日曜日は休日にできそうだ。 写真を撮りにちょっと遠出をしよう。 とはいってもせいぜい都内近郊だろうなあ。 晴れてくれたのみます。 しかし今日は蒸していた。雨だなと思えばやはり降ってきた。 本日はF1だ。横浜ベイスターズは今日も勝ちそうだ。 さあ今日の晩御飯はなんだろう?

        本日はこれまで

        0
          今日は21時30分に店じまいにしよう。 明日は朝から打ち合わせだ。 しかしモナコGPがある。 シューマッハー復活なるか? ライコネンの脅威の走りがまた見られるのか? はたまたアロンソはいかに?

          法科大学院と会計大学院

          0
            昨年明大の大学院に租税訴訟の際の補佐人登録を受けるための必要単位をとりに行きました。 当然民事訴訟が中心なのでこれに関することや租税訴訟、および国税通則法に関することになります。 そこでの教授の話です。 明大にも法科大学院があり大学院内で問題になっていることについてです。 法科大学院に関しては実は学生側に致命的な勘違いがある旨の話なのですが 私は完全に教授の話に納得してしまいました。 学生は試験科目に直接関係のある授業にしかでないというのです。 さあ何故これが致命的な問題なのでしょうか? 少し考えればわかります。弁護士は社会で何を求められるのか? 当然常識ある判断と社会的に的確な判断、そして法律上の的確な判断です。 法科大学院ができた背景には司法試験崩れという存在の人々がおり 彼らがある程度能力があるかもしれないのに(ただ自己分析はできない人であることは確かだ) 単に浪人の人生を送り社会的不適格者となることがあるという問題が大きくなり始めたことです。 また弁護士の絶対数が足りないのではないかという問題もあります。 しかし問題は裾野を広げたとしても必ずそこに適正のある人間がいるか否かということです。 自分は優秀だと思っていても他人にはそう思われない。 これは別に弁護士の世界だけではなく、一般的な社会で普通に起きていることです。 こういった場合は自分を認めさせる努力をするか、自分を行かせる場所へ移るかの選択になるでしょう。 話はぞれてきましたが、問題は弁護士としていや一人の人間として求められる知識と人格です。 法律に関わってごはんを食べるには時間がかかります。 要するに仕事はその人の人間性やどの程度の安心感を与えてくれるのかということが物凄く重要です。 要は大人の判断ができない人はやってはいけない職業なのです。 医師、公認会計士、税理士等の資格を持ち開業しているかたで一旦仕事を捨て 法科大学院に通うかたがまれにいらっしゃるそうです。 彼はは職業的なところで感じた部分で大学院に行っているようです。 医師であれば医療過誤の問題をなんとかしなければという志がある方が多いとのお話でした。 社会に自分の力で貢献するために自己資金でチャレンジする人と 文句は人一倍言うがいつまでも取れない資格取得にしがみつき社会から逃げる人 どちらを社会が求めているのか? 士業の受験をされている方に問いたい? あなたはその資格をもってなにをやりたいのか? そして何が自分でできるのか? そして考えていることができるための人間の強さを持っているのか? 士業には人との摩擦がつきものです。延々一晩中ディベートできるかい? できないならやめたほうがいい。会社の経営をしている方は規模を問わず必死に生きてきているから サラリーマン感覚や大先生感覚では相手にされない。 会計大学院は定員割になるのは当たり前です。はい 何故・・・・机上の空論では実務は全く勤まらないからです。 過去税理士はダブルスクールという手段で会計科目、税法科目免除で取れました(今は駄目です) その人たちがどのような問題を起こし、またどのぐらい仕事ができないか(簿記ができないのよ) 私は部下にそのような人間がいたのでよく知っていますが まあ人間も神様みたいな人が多いからねえ・・ ちなみにこのダブルスクールは文部省の省益のためにあったのです。 はい、まずは国民のことを考えてね受験生諸君。 受験に逃避を求めるのは家族も社会も迷惑だと言うことを理解してほしい。 君達をやしなうために社会があるのではない。 なんでこんな事をかくのか? ちょっと変なブログがあったので投稿しようとしたらできないのでちょっと書いてしまいました。 まあ俺の人生には関係ないからどーでもいいことなのですが というわけで来週の日曜まで完全に休みがなくなった私 自営は休めるときが休みです。独立を考える方もよく考えてね。 休みがほしけりゃ今も昔も相場は地方公務員です。 がんばって木っ端役人にでもなって血税を盗むことを考えたほうがいいよ。 どこかの大都市圏の市なんか最高だろうなあ。 当然、皮肉ですが・・・・・・

            中小企業に対する監査

            0
              中小企業というよりも従業員10人未満の会社で ベテランの営業マンを雇っている場合には 実際にはかなり厳しい目を向ける必要がある。 人の話をなかなか聞こうとしない場合は黄色信号 何かがあるかもしれないと考える必要がでてくる。 ベテラン=悪ではないのだが 特に取引先を持って歩く場合そこには何かがあると考えねばならない。 会社がキチンと利益が本当にとれているのかは厳重な監査をしなければわからないことがある。 ボロを探すには商品の入りから出、そしてそれに伴うお金の移動。 必ず不自然な数字が出てくるときがある。 お互いのノルマを達成するため数字を月をまたぎ調節してくる場合が多い。 大体、商品の入りから出までが仲間で金額も動かせるのに自ら会社を興さないのが不思議だ。 要するに人の金を当てにして抜きたいという欲求が強いからだ。 交際費について詳しい報告がなく領収書が市販のよくあるもので ゴム印偽造すればだれでも作れるものが多い場合は 実際にその店で飲食し領収書を貰ってみる事が必要になる。 まったく違う書式であれば・・・・・・・・・ これはよくある話です。 人を雇う場合は会社の内規をしっかり作り報告、連絡を確実にさせることが重要です。 中小企業を守れるために必要なのはしっかりと社長が人を見る目を持つことです。 だけどこれが難しいのだ

              どうやら無罪になりそうだ

              0
                無限(現在m-tech)の元社長の本田さんが元監査役相手に勝訴した。 問題になっているお金の26億円について元監査役から本田さんへの返還すること東京地裁が命じた。 まだまだわからないが疑惑は晴れる方向に向かいそうだ。
                • 2005.05.21 Saturday
                • F1
                • 01:02
                • -
                • -
                • -
                • -
                • by

                しかし本当に眠い

                0
                  結局ろくに眠れず仕事再開 もうふらふらだ。 カフェイン大量摂取でがんばろう。 日曜はお仕事決定。 次週の日曜日は完全休養日にしよう。 ついでに平日休んで千葉市動物公園に向かおう・・・嫁の視線が怖い というわけで当分は直立レッサーはお預けですな。 昨日の東スポに出ていた段階では久しぶりの宇宙人ネタだな・・・・ と思っていたら違っていた。本当だったのにはびっくりした。 やるなレッサー。 ちなみに私のパソコン7台中1台の壁紙は多摩動物公園のレッサーです。 だけど一番面白いレッサーは伊豆のバナナ・ワニ園でしょう。 衝撃のワナナ・バニ園(と家族では呼んでいる) ご存知の方は何故かわかるでしょう。ご存知ではない方は1度どうぞ。 動物園好きにはたまらない面白さではなく笑撃の凄さがある。 バイオパークには別の衝撃が・・・・・なかなかやるな伊豆の皆様。 またそのうちいくのだ。下田水族館。働けアザラシ・・・・・虐待ではない これも行った事がある人はわかるでしょう。 いやあ伊豆・下田は意外なワンダーランドと勝手に思ってます。 人によってはまるで感想が違うことはここに付け加えておきます。

                  ソフトウェアの資産性

                  0
                    ソフトウェアの資産性はどのような感じなのであろうか? 購入した場合は極めて簡単である。基本的な金額判断と 備え付け(インストール)の費用等を考慮するだけの話で判断できる。 しかし製作側はどうなるのであろうか? 問題となるのは研究開発費、ソフトウェア仮勘定、 そのものずばりソフトウェア勘定あとは人件費の問題であろう。 これらの判断は契約によるそれぞれの内容と版権の所有権、 販売用もしくは自己使用でも違う。 その上このソフトウェアがゲームソフトであればまた違う。 ゲームソフトの中に存在するものが単独動作可能か否かの問題まででてくる。 要するに極めて理科系的判断が求められるのだ。 契約書の読み込みとソフトウェアに関する根本的な知識の欠如は判断を誤るもとだ。 ちなみに明確な回答は今は存在していない。 というよりもそのソフトの市場性の判断があるからだ。 なにしろ駄目ソフトはすぐに排除される上いつフリーソフトに追撃されるかわからない。 償却をめぐる専門的知識がなければもうお手上げだ。 後は原価計算の問題だ。 費用化をなるべく早く進めるのであれば 基本的に原価計算による費用性の問題を正確に問う必要が出てくる。 なんでまたいきなり真面目なことを書くのか? いやあなんとなく疲れすぎで考えられないので 暗記知識ですぐでてきたものを書いてしまったのだ。 今日はもう寝る。 駄目だやはりたまにはキチンと寝よう。 しかし今日はあせったシステムがいきなりロック! ナントカ修復デキタカラヨカッタ。 アトハジブンノノウミソノ修復ダ!

                    今日も眠い

                    0
                      さあいい加減帰って晩御飯をたべよう。 しかし顧客の期待があるからがんばるぞ。 昨日お客様と打ち合わせ中にお子様がご帰宅。 テスト期間中だから部活なくて早くご帰宅だったそうだ。 駅前に小型トラックでメロンパンを売りに来ている若者がいて車の中で焼き焼きたてを売っている。 お客様の本社に向かう途中JR山手線大塚駅北口をでたすぐのところで売っている。 そのメロンパンを買ってきたら丁度打ち合わせ中。 そうしたら自分で為買ってきたと思われるメロンパンを3つに切ってくれて 一緒に食べた。なんだかうれしかった。家族の一員のような感じでした。 とてもしつけがしっかりしている方なのでお子様も思いやりや 人間の暖かい心を持って育っているようだった。 ちなみにそのメロンパンとてもおいしいです。 帰りによってみて「ありますか?」と聞いてみたら 今風のおにいちゃん風の二人がはっきりとした声と素晴らしい笑顔で 「すみません丁度売切れてしまいました。すみません」 その笑顔のさわやかさが似合うとてもおいしいメロンパンでした。 山手線大塚駅北口におよりの際見かけたら一度どうぞ。 本当においしいメロンパンでした。 となんだか眠いからわけわからなくなってきた。 言いたいのは今の若い奴らはしっかり生きているぞということ。 40過ぎのおっさんは彼らのあの仕事に対する真剣さと笑顔をみならおうと思った。 我々大人の方が恥ずかしいぐらい無責任のような気がする今日この頃。 眠いからかえってねよう。徒歩10分がつらい。 腹減った・・・・・もう少しだ。今月は、がんばろう


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 天気は最高だぜ!!思わず3方向!
                        管理人・・下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        浦崎

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM