追徴課税だらけの大企業?

0
    日本経済新聞社は本日付の新聞で追徴課税を受けたことを発表していた。 内容は親子関連会社間で異動があった場合の給与の調整(較差手当といいます)が1点 もう一点は販売店への販売促進費がらみの部分での課税ということでした。 JR西日本は電車のワイパーについての資産性の問題です。 新型ワイパーをつけたことが資産として評価するべきだという点です。 ちなみに4年連続の追徴課税になるそうです。(!) シティバンクは日本の居住者が外国での不動産ファンドの取扱につき課税されない としたことについての追徴課税です。 (これは極めて悪質。言い逃れするなといってやりたい) 外資系企業については退職金の控除額での争いがあったりしており きわめて日本をなめた態度に出ている。 またこの報道で天下りでの極めて短期間の間に もらう退職金についても触れられていた。 まあ、かれらが税金を盗むためにある抜け道が 外資系企業につかわれただけという感もなきにしもあらず。 まあ外資系企業の一部と一部の官僚のために 日本が食い荒らされているということですね。 各項目への説明はこれから毎日 ネタとしてあげていきます。 風邪が治りかけてきたけれど、セキがでると喘息みたいな感じでとまらない。 ちょいとめげている私。 風邪菌は毎年強くなっているから皆様もお気を付けくださいませ。 地震もびびったが、それどころではない私の風邪。 もう年なのか?

    朝日新聞の税金の問題

    0
      朝日新聞で追徴課税があったそうな。 大きくは2点あり 1.ソフト開発(社内システム構築に関するものらしい)の間接人件費の配賦漏れ 2.本支店間での懇親会経費での交際費課税の問題 ということらしい。 1に関しては今後もどの会社でも起こりうることではないかと思います。 どのような仕様で作られどのように会社内部の人のかかわりがあるのかをしっかりさせていかないとこのようなことが起こります。 難しいのが会計側の要求と税務との乖離が大きくなりすぎてきていることです。 ソフトウェアに関する税務が完全に立ち遅れてしまっているためによりどころがなく調査で指摘を受けるということになることが多いということでしょう。 ただこのような指摘が正しいのかといえばそうでもないでしょう。 裁量行政という言葉があるのです。これがうまく機能するケースではプラス部分があります。 世の中で起こっていることは画一的なことばかりではありませんので 弾力的に税務を動かすという面ではプラスです。 問題は筋がはっきりしない弾力的運用がまま見られることでしょう。 ただし今回この点を問題にしてはいないのでむしろこのような大会社の場合は会計の要求 もしくは税務判断での経常経費の取扱の適用の誤りということなのでしょう。 ちなみに会社でパソコンを自作した場合も同じことがおこります。 (ただし資産性がある場合) これは会社側と国税局との解釈の違いでしょう。 問題は懇親会経費です。 この場合会議費とでもしていたのでしょうか? もしくは福利厚生費にでもしていたのでしょうか? ただしここの場合福利厚生費としての取扱の可能性はゼロですから おそらくは会議費との関連かと思います。 少額不追求であるとか、取材の際に必要な昼食代や お茶代は経費としてとらえることができます。 ただこれはあくまでも会議や取材の実態がある場合です。 (議事録や取材のメモ等が証拠となります) ということは今回のものはあきらかに会社内部の統制に問題があるということなのでしょう。 おそらくは人事異動等で人の往来が多く、 会社内部の管理が甘くなってしまったということでしょう。 頻度はともかく、特定の人に偏って使ったわけではないようです。 この場合社員の場合は給与となり源泉所得税が発生します 役員が絡む場合は源泉所得税だけではなく使った経費自体が経費ではなくなります。 (役員賞与損金不算入といいます) 正直今回は意図的に何かあったということではなくむしろ監査が甘かったということが一番の原因でしょう。 大会社は管理が相当大変ですが、1は仕方が無いようなことを感じますが  2は正直何ししてんねんと株主に怒られそうなところでしょう。 (朝日は京都だったよね発祥の地は) とは言え政治的意図がある税務調査だとしたら三面記事的面白さがあったりもするのだが・・・・・

      やっと5月が終わる・・・・

      0
        しかし仕事が終わらない・・・・・ 足はもう完全にガタガタ、歩き続ける午後の千葉。 千葉は広い。 手羽先食いたい。 最終日徹夜はなしよとしたいところだがそうも言ってられない。 今、事務所は資料とゴミで破裂寸前。 実際は仕事よりも夜中まで掃除だな
        • 2005.05.31 Tuesday
        • -
        • 20:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by

        妻倒れるの巻

        0
          妻が風邪をひいて倒れた。私のが移ったのだ。 というよりも故意に移しました。 冗談で人に移せば直るのだとやっていたら本当に移ってしまった。 まだ自分も治らない。いつになったら治るのか? 免疫力が落ちているからだと、お客様のお言葉。 まあ過労とストレスで免疫が落ち病気療養1年半の経験からするとそこまでの話ではないと思ったが可能性は十二分にある。 なにしろ寝ていない。睡眠不足は万病の元。またしても思い知らされるが 仕事が終わらないことにはそんなことも言っていられない。 あさってからは暫く睡眠が取れるだろう。と油断するとそうでもなくなるのがこの1年のパターン。 5月の申告はきついね。GWは本当に敵だ。 と話題はそれたが昼間は移動途中自宅により食事と薬の準備。 これから帰って雑炊作るのだ。風邪には暖かく消化によい特製雑炊がいい。 実は主夫兼労働者の私。といいながら料理がすきな私には全く苦にならないのだ。 趣味の料理、結構楽しいのです。 スーパー系列の書籍(オレンジページ等々)の応用 結構使えますスーパー系列雑誌。 そんなことよりも早く家に帰らねば。しかし雨が・・・・

          おっとタイミングモニター

          0
            凄い結果だ。 なんてこったい。なんでこーなるの? 結果は書きません。TVみよう。
            • 2005.05.29 Sunday
            • F1
            • 22:49
            • -
            • -
            • -
            • -
            • by

            中国の友人から聞いたことと韓国の実情

            0
              中国人の友人は言っていた。「日本がうらやましい」 何故か・・・・中国では新聞は政府機関そのもの極めて厄介で危険な存在だからだそうだ。 ところが日本では新聞や雑誌、テレビに至るまで様々な人が様々な意見を言う事ができる。これが本当にうらやましいと言っていた。 政府と民間で言っていることはまったく違うそうだ。 民間では反日ということではなく、日本が隣国である中国や韓国そしてアジアを向かず アメリカばかり見ている事がとても嫌だということです。 そして彼らはしっかり目を見ておなかに力を入れてしゃべることを好みます。 隠し事が嫌なのです。これが中国の方のメンタリティなのです。 はい、こそこそ話は=悪口という位置づけなのです。 このような事実はおそらく中国となんらかの関係のある方はご存知でしょう。 ところがこのことが一般には報じられていない。 またもうひとつ問題がある、経済の問題だ。中国の有名な都市部は既に日本よりも豊かになってしまっている。 日本を必要としなくなってきているという重大な事がおこり始めているのです。 相手にされているうちが花という状況ができあがりつつあるのか・・・・・。 韓国では反日デモが中国であったときになんと「休日返上で仕事する準備できているし、みんな仕事を待ち望んでるから一緒に早くしようよ」 ということを言われている企業があります(超巨大メーカー、誰でも知っている会社) うーんどうやら反日は政治同士の争いに過ぎないのです。 ちなみに尖閣諸島の問題はふたつの見方があり「さすがにこれではまずいぞ」派(まだまとも)と 「やばい過去の利権争いが表に出てしまうぞ」派らしいです。 ある程度報じられていますが、なにしろ現在の尖閣諸島付近のガス田開発に金出したのは日本の政府系金融機関。 実質支配はロイヤル・ダッチ・シェル。余談だが彼らの利権なきエネルギー開発には例のグリーン豆が登場する。(みんなお金大好き!) これってひょっとして・・・・・どういう陰謀なのだろうか? 表面は敵しかしその実態は・・・・・・・・ ではないことを望みたいような、そのほうが平和でいいやと考えてしまうような。 何だがXファイルのローンガンマンかMIBの工作員だな 私はこの手の映画やドラマ狂。決してモルダーとは言わない。(笑)

              大きな疑問

              0
                経済の問題と政治の問題は表裏一体と思えるがそうではないこともある。 ただし人口が減る上に社会のインフラがほぼ揃っているわが国が常にどの国よりも上位にいつ続けることに執着し続けることには何の意味があるのだろうか?というぎもんがある。 日本よりも経済的に下の国は全て不幸なのだろうか? 今一番の問題は自分達の国が破産せずに生き残ることだと思うのだがいかがだろうか? ちなみに日本は実質的には放漫経営がたたって危険な状況にある企業と同じ状態だと思う。 責任とは報道陣の前でとりあえず頭を下げる事なのか? 資本主義の中で責任をとるということは報酬を捨てその地位をとること以外で方法はあるのであろうか? ちなみに辛口批評と思っているかたがいらっしゃるようだが決して辛口ではない。 いろいろ適当に思っていることかいてますが、これって普通の日常会話の中で出ていることです。 「え、そんなことはないよ」と思う人も当然いるでしょう。年をとると心配しなくてもこのようになります。 誰だって家族の事は心配です。また自分の将来も心配です。 また年をとると責任と言う言葉の意味が本当に分かってきます。 私は幸運だったかもしれない。なぜならば責任という言葉の重さと意味がおぼろげながらでもでも理解できたからだ。 一生責任なき人生を送りたい人にはわからないと思うが、そんなことができる人はいないと信じたい。 ゴミを出すルールを守る事だってそれはやはり個人の責任だからだ。 うーむ日本語が最近どんどん変になっていく俺。 やばい倒れる前兆現象か?

                いいかげんな税調

                0
                  政府税制調査会がまたもやトンチンカンなことを言い始めた。 現行の所得税法の所得控除の見直しはかまわないと思う。 実態とかけ離れているからだ。ただし実態がかけ離れているのは給与所得控除だけではない 基礎控除、扶養控除部分について到底納得できるような数字ではないからだ。 今回給与所得控除額の縮小が大きく取り上げられているがこれは当たり前。 業種や業務に関わらず同じという適当なものだからだ。 ただし企業によってはこれが手当と言う形でまかなわれていたりもする。 今現在最も税の特典をうけているのはサラリーマンであることは間違いない。 自営業者が有利だというのは税法が守られている段階ではおそらくないだろう。 というよりもむしろ最も不利であろう。 ただし専従者給与の問題がある。どこまで本当なのかということだ。 ということは自営業者に対し適正な税務調査が行われていないという実態がこれを助長しているのだ。 おそらく税理士等に依頼していない自営業者に関しては 消費税の免税点が下がったことにより1000万円前後であれば 免税点越さないようにするだろう。問題はここからだ。 この売上であると税務調査が入りずらいということがある。 これが不公平のもとなのです。よく聞くのが過去はこれでよかった。 誰々さんはこれで大丈夫だった(バレナカッタ)と言う話。 このような話がでる間は自営業者に対する批判は消えない。 ただこれはほんの一部にしか過ぎない。また原因は税務調査の限界からくることが明白だ。 サラリーマンも自営業者も共通するのが根本的な生活部分での生活費と控除額との大きな乖離だろう。 基礎控除38万円でどうやって生活するのか?年金払えるわけがない。 基礎控除120万円、その他控除は今の水準を維持、給与所得控除を半分に縮小。 住民税については現状の70%程度になるように調整。 (住民税ははっきりと高すぎると言える。公務員を切れ) この辺りが現実的な金額ではないのか? あわせて税務調査の公平化。しっかりと調べろ。 ある職業においては払う意思が全くない業種がある。 ちなみに世間ではこの業種につては全く文句が出ていません。 所得法税上自己啓発のものは経費に入りません。サラリーマンに認めるなら 自営にも認めろと言いたくなります。(業務遂行上必要不可欠なものは認められます) 全くすじの通らない政府税制調査会のおじじたちの意見。 世の中の実態をもっとキチンとみろ。 あ!こいつら痛み感じるわけないかたくさん年金もらってるのかなあ?
                  • 2005.05.28 Saturday
                  • -
                  • 08:34
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -
                  • by

                  メールでの質問

                  0
                    とある匿名の方からメールで質問が来ていた。 ただし私は基本的にメールによる質問には答える意志はない。 なぜならば実態がわからないことは答えられないからだ。 自分で思っていることと、周りが判断することが必ずしも一致するわけではないからだ。 とはいえ昨日はその元の質問に不審な部分をかんじてしまった 要するに変な知識をしっかりともっているケースは受験生や受験生くずれ、もしくは暇な同業者の嫌がらせである可能性が高いからだ まあ人に話しを聞きたいのならばまずは自分の素性を明らかにするのが世間の常識。 といいながらも本日はなんとなくほぼ正解のメールを送ったお人よしの自分にあきれる。 ちなみに今現在、お礼の一言もない。やはりいたずらなのだろう。 嫌な世の中にどんどんなっていく。 いやな予感はあったのだなにしろメルアドがyahoo.ne.jpだったから。 別サイトで運営している掲示板はyahooからの書き込みを制限しています。 荒らされたのが原因だが制限したとたん平和。 KDDIは約款でこのような行為がある場合は契約の打ち切りを明言している。 yahooは使用者個人の責任としている。 ちなみにそのときは殺人予告をうけ警察と相談し状況次第では 捜査及び逮捕ということもありうるから相談は今後も受けますから プロバイダーと相談し、いたずらか本気かの判断をつけてほしいと要望された IPを取得し距離的に不可能であろうという判断でその先には進まなかった。 顔が見えないということは常に危険ご隣り合わせ。 なのにプロバイダーは責任放棄では結局ネットの信頼性を高められないから 逆に企業として不利益をこうむるのではないかと思う。 きちんと使用できないものは追放すべき。ただし謝罪と罰をうければ復帰可とすべき まあ社会のルールとネットのルールは同じと考えましょう。 顔が見えない中でも気持ちが通ずるケースもあります。 やはりこれはお互いがしっかりとルールを守っているからでしょう。 ちなみに人からただで情報聞き出してもその後どうするのかしら? なんともはや不思議だ。ちなみに都市部でしか生活したことがない私には 農地に関する特有の情報はない上に経験もない。 なんでまた新宿区の人間に農地のことを聞くのだろう うーどう考えても受験生のいたずらだな。いままで匿名で聞かれたことはない。 キチンと事業をしている人はどのような場合でも名前や住所等を記載してくれています。 私は自分の必要最小限の情報はホームページ上で公開しています。 それが発言をしたり情報発信するものの責任だからだと思うからです。 なんちゃって単なるグチデス。 というわけでしばらくなんとなく気が向かないのでメールで質問されても絶対答えません。 また気が向くことがあれば答えたりするかもしれませんが 期待しないでほしい。今回はちょっとさすがにむかついている。 その上車にはひかれそうになる・・・・さすがにその会社に怒鳴り込みにいきました。 昔その出版社の本を定期購読していたので本気で切れた。 「危ないとは思っていたのですよ」だったら最初からキチンとしろ! 駐車場出口から歩道に向けていきなり車だすな! ○日本○規出版。なんだか本気で謝る気がないというのが凄い。 法律書を出す資格があるのでしょうか?

                    どこまで進む右傾化

                    0
                      A級戦犯は戦犯ではないそうな? ちょっとまて隣の家に土足ではいったら泥棒 隣の家に勝手に入って物を取れば強盗 ましてや人を1人でも殺せば・・・・・・ これを指示した人間がいればその指示した人間は殺人教唆や強盗教唆等に問われる。 となれば戦争の親玉はどのような扱いをうけるべきなのか? 力で訴えた人間は力で破れた場合責任はないのか? 異常な国会議員がこの世には存在する 森岡正宏厚生労働政務官あんたあほだな。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 天気は最高だぜ!!思わず3方向!
                        管理人・・下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        下手の横好き
                      • 外国に逃げる資産家的な報道は結構いい線まできている。だがテレビ局はもっと日本の税制を勉強しないとね
                        浦崎

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM